これ一つでありがたい仏様が13も!手彫り十三仏byイオプラス

十三仏をご存知ですか?
おばあちゃんが、十三仏様を買うとか言うので、私なりにちょっと調べてみました。
難しすぎてわからない部分もありますが、覚書としてまとめておこうと思います。

十三仏(じゅうさんぶつ)は、十王(※1)をもとに、日本で考えられた、冥界(めいかい・死後の世界)の審理に関わる13の仏陀(ぶった)と菩薩(ぼさつ)のことである。また十三回の追善供養(初七日~三十三回忌)をそれぞれ司る仏様としても知られ、主に掛軸にした絵を、法要をはじめ、あらゆる仏事に飾る風習が伝えられる。
(※1)十王(じゅうおう)とは、道教(どうきょう・中国三大宗教の一つ。中国三大宗教は、三教とも言い、儒教・仏教・道教を指す。)や仏教で、地獄において亡者の審判を行う10尊の、いわゆる裁判官的な尊格である。

私たちが冥土へ旅立った時、自力では浄土(仏教における概念で、清浄で清涼な世界を指す)へは行けません。そのため、仏さまに浄土への道を導いてもらうのです。

中陰(ちゅういん・人が亡くなって次に生まれ変われる事が仮に決まる49日まで)の私たちは、あの世で死後7日ごとに7回、十王の裁きを受けるときに、それぞれの仏さまが弁護をして下さいます。

七七日(四十九日)目に最後の裁きを受け、お浄土へ行けるかどうかが決まります。 この日を”忌明け(いみあけ)”といい、ご先祖さまの仲間入りをします。

百日忌、一周忌から三三忌までは仏さまに感謝を申し上げ導いて頂き、来世の生まれ変わり先を決めていただきます。

では、十三仏様のご紹介です。

<1.不動明王尊(ふどうみょうおうそん)> ※初七日(しょなのか
残された方々は、亡くなった方の死を受け止められない状況です。また、亡くなった方自体が、遠い冥界(めいかい)へ旅立つ覚悟もまだ不十分な状況です。そのため、現世への未練が残っている時期です。
死後の世界へと旅立たねばならない者が、再び現世に未練を持たないように、不動明王尊様の持つ右手の剣で迷いを切り払い、左手の縄は迷いの信者を縛って救いとり、 冥界へと引き込む役目をして下さるそうです。

<2. 釈迦如来(しゃかにょらい)> ※二七日(ふたなのか)
実在した人物。(ネパール南部の釈迦族の王子として紀元前6-前5世紀に生まれる。29歳で出家し苦行ののち悟りをひらき,インド各地で布教して80歳で没したとされる。)
全ての人々を救うための仏。葬儀のときにあわてて戒律を授けなければならぬ者、修行をしていない者に冥界への旅立ちに際して、仏教の祖である釈迦如来が祖の本来の教えを説いて下さるのです。

<3.文殊菩薩(もんじゅぼさつ)> ※三七日(みなのか)
知恵の仏さま。釈迦が前世で子供時代に教えを受けた仏。
釈迦如来を中心とし両脇侍に、文殊菩薩、普賢菩薩としてこれを”釈迦三尊仏(しゃかさんぞんぶつ)”といい、この釈迦三尊仏が二七日から三七日を経て四七日迄の間に、仏教徒として身につけるべきことを教え込んで下さいます。

<4.普賢菩薩(ふげんぼさつ)> ※四七日(よなのか)
慈非門(じひ・仏教用語で、他の生命に対して自他怨親のない平等な気持ちを持つこと。一般的な使われ方は、目下の相手に対する「あわれみ、憐憫」の気持ちを表現)を司る、すなわち情を担当する仏様で、女性的なやさしい表情をしています。
たくさんの功徳を備えていて、私たちの煩悩(ぼんのう)を打ち砕き、悟りの世界へと導いて下さるのです。

<5.地蔵菩薩(じどうぼさつ)> ※五七日(ごしちにち)
釈迦の入滅後から弥勒菩薩(みろくぼさつ)が現れるまでの間、人々を救う救世主です。
四七日まで冥界への旅をしてきた亡き人が、六道(生死を繰り返す迷いの世界。地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道。六趣(ろくしゅ)。)へ落ちてしまった時に、地蔵菩薩が救いの手を差し伸べ、極楽浄土へ導いてくださいます。

<6.弥勒菩薩(みろくぼさつ)> ※六七日(むなのか)
弥勒の力と如来の力を併せ持って、人々を救ってくれると信じられています。
弥勒菩薩は釈迦の入滅した五六億七千万年後に、釈迦に変わってこの世を救う「未来仏」としての役割があります。

94c7efaf8e98877211b95130fd3410c8_m-300x199

<7.薬師如来(やくしにょらい)> ※七七日(しちしちにち)
四九日で現世とのつながりが終わりますが、まだ次の世界までは完全には入れない中間の道中の苦しみを乗り越え、極楽浄土への道を歩むための薬を与えて下さいます

<8.観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)> ※百ヶ日(ひゃっかにち)
観音様は三十三に身を変え、慈悲の面で亡き人を救って下さり、阿弥陀如来まで導いてくださいます。

<9.勢至菩薩(せいしぼさつ)> ※一周忌(いっしゅうき)
無限の光明と知恵によって、人々の苦しみを取り除くために努められています。

<10.阿弥陀如来(あみだにょらい)> ※三回忌(さんしゅうき)
阿弥陀とは「無量寿」「無量光」という言葉のサンスクリット語を訳したもので、寿命は限りなく、阿弥陀様の光はあらゆる国々や人々を照らして下さいます。
四八の誓願(せいがん)の一つに「阿弥陀如来を信じる者は、みな極楽浄土へ往生させる」があります。

<11.阿閦如来(あしゅくにょらい)> ※七回忌(ななかいき)
発菩提心、悟りをめざす心をおこすことを意味します。
発心を託す強い力を持った阿門さまが着ている衣を握っているのはその決意の強さを表しています。

<12.大日如来(だいにちにょらい)> ※十三回忌~二七回忌
別名は、昆盧流遮那如来とも言われ、天地あらゆる者、宇宙生命そのものの仏さまで太陽の様に輝いていることから、大日如来と名付けられています。
これまで導いて下さった十一人の仏さまに(不動明王尊・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来) によって教え導かれどれだけ悟りが深まっているかを観て下さり、その上にさらに導いて下さいます。

<13.虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)> ※三十三回忌
虚空(天界・法界)のような蔵(知恵・功徳)を持ち合わせ、広大ではかり知れないお力ですばらしい記憶力と知恵を表す剣を持ち、左手には福徳を表す蓮華の上に宝球をのせて持っています。 どんな人にも仏さまになれる仏性があることを虚空蔵菩薩が教えて導いて下さり涅槃へ到着できるのです。

とても大切な、ありがたい仏様という事がわかりました。
おばあちゃんが欲しいという気持ちも少し理解できます。

予備知識を得たので、おばあちゃんとお店まわりに出掛けましたが。
おばあちゃんの好みの物が見つからなかったので、代わりにネット検索。
仏様もネットで検索するって、少し不思議な気分ですが、おばあちゃんの気に入った物があって良かったです。

気に入った物は、EOO+SHOPの「手彫り十三仏」です。

手彫りが良いそうで、おばあちゃんが一番こだわった点です。
さらに、EOO+の「手彫り十三仏」は、コンパクトで収納できる。(いつでも見える状態は、私たちがちょっと・・・)
お値段は、ちょっと予算オーバーでしたが、安すぎるものも効果があるのか微妙なので、収納して欲しいという私たちの希望を取り入れてもらう分、すこし援助することに。
色々みたけど、手彫りだし、桐の収納箱もついているので、イオプラスの「手彫り十三仏」の価格は妥当なのかも知れませんね。

おばあちゃんは、届いてから、毎日欠かさず、イオプラスショップの「手彫り十三仏」にお祈りしています。

※参考1 http://jikuya.co.jp/index.html(http://jikuya.co.jp/faq/13france.html)
※参考2 http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ
※参考3 http://kotobank.jp/

仏教アイテムプレゼンター I様(寄稿)