明かりがほしい場所にEOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)!

今日は、とっても面白い商品を見つけたので紹介したいと思う。 “新型ハンズフリー 首下げ多機能LEDライト”だ。

ネックレスのように、首にさげるタイプや、ストラップに小さなキーホルダータイプのライトをつけたようなものをたまにみかけるが、オススメしたい、EOO+の「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」は、巻き付けタイプと表現するのがしっくりくるようだ。

両端にライトがついて、ライトを繋ぐチューブがくねくねと曲り、首にかけることはもちろん、あちこちに巻き付ける事ができるから、ハンズフリーとなり、狭い場所での作業にも役立つ。

EOO+SHOPの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」は、全長57.5センチ、約60グラム。

家の中、アウトドア、作業中など、「ここに明かりがあれば!」という時に威力を発揮する。 首に巻き付けて両手を自由に使ったり、どこかに巻き付けて明かりを確保したり。

巻き付ける場所がない時は、ヘビのとぐろのように、クルクル巻くという方法もある。 イオプラスショップの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」の使い方は無限大。発想力次第といえるだろう。

さらに、両端のライトはLED。明るさは左右各3段階の切り替えが可能だ。 明るさが調整できるから、さらに用途が広がるだろう。

イオプラスの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」は、アルカリ単4乾電池×2本使用。国内メーカーのアルカリ電池を使用して、最長約20時間以上も点灯可能。(使い方やメーカーにより点灯時間は変わる。)

EOO+SHOPの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」は、ウォーキングや暗い中の歩行中に、首やカバンにぶら下げたり。 作業用などの室内はもちろん、キャンプなどアウトドアでも大活躍間違いなし。 ただし、残念ながら防水加工はついていないので、雨などには注意が必要だ。 さらに、緊急非常時用にも頼もしい存在になるだろう。

LEDライトの三段階調整は、 左右それぞれ「ワイドライト&スポットライト&ワイド+スポット」 と切り替え可能。もちろん片側ずつの点灯も出来る。

試しに、我が家もEOO+SHOPの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」を1つ購入してみた。

届いて、試しにライトの切り替えをしたり、クネクネさせていると 子どもがクネクネに食いついてきた。 すっかり気に入って、オモチャのように遊んでいる。

eooplus-necklight-8

ある時は、首にぶら下げて遊んでいた。 ある時は、ヘビのトグロを作り、ヘビのオモチャとして使い。 ある時は、テーブルの脚にクルクル巻き付けて。 ある意味使い方は合っているな・・・と親バカで見ていた。

そんな時、早速?作業依頼があった。 夜、子どもが車の中でオモチャを落としたのだ。 どうしても今探さないといけないと言う・・・。 普段なら、明日の朝まで我慢させたいところだが。 これは、イオプラスショップの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」の出番かな!?と、実際に使うチャンスが来たので、嬉しくなり、快く探すことにした。 やはり車内灯だけでは暗いので、イオプラスショップの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」を使う事に。 首にかけてみたり、隙間をピンポイントで照らしてみたり。車内にひっかけてみたり。 色々な方法を試してみた。明かりの調節もしてみた。想像以上に便利だった!

おかげで、オモチャもみつかり、子どもも大喜び。

今まで、イオプラスショップの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」に興味を示さなかった妻だったが、私の作業を見て使ってみたいと思ったようだ。 「ちょっと貸してね」と、EOO+SHOPの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」をベットサイドへ持っていき、ベットのライト代わりに使用している。 子どもに読み聞かせをする時は、子どもの近くに明かりを移動。明るすぎると目が覚めるし、暗いと絵が見えなくなるので、ちょうどよい明るさに調整できる「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」が魅力だったようだ。 子どもが寝たら、少し明るくして、妻の手元を照らして読書をしている。 私がベットに入ったら暗めに切り替えをしてくれる。 そういう使い方もあったかー!と、ある意味感心している。

そんな感じで、我が家では、イオプラスショップの「EOO+イオプラス NeckLight(イオプラス・ネックライト)*2012年最新増光型」は、当分の間、妻のベットライトとして活躍しそうだ。 寝室に緊急用の明かりがあると思い、ヨシとしよう・・・。

「2012年7月に新登場」という事だから、既に知っている、もしくは既に使用している人も多いのかも知れないが。 まだ知らない人、現在の手持ちのライトで不便を感じている人は、1つあると大活躍間違いなし!なので、ぜひオススメしたい。とても便利で面白い商品なのだ。

便利アイテムプレゼンター N様(寄稿)