EOO+プロクッション土踏まずサポートを使えば足の悩みも解決できるはず!

実は私、少し前から足が痛いのです。
履きつぶした靴を、買い替える暇もなくて。
仕方なくそのまま履いていたのが原因かな?と思っていました。

プライベートでは、できるだけスニーカーを履くようにしましたが、
仕事中は、きちんとした革靴を履かないといけないので、なかなか改善しなかったのです。

忙しい中時間を見つけて靴屋さんに行っても、気に入る靴がなかったり。
新しい靴を履いても、足の痛みが改善されなかったらどうしよう。
さらに痛くなったらどうしよう・・・など悩み、新しい靴の購入に踏み切れなかったという事もあります。

そんな悩みをポロっと話したら、オススメ頂いたものが
EOO+SHOPさんの【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】です。

4

なんでも、アメリカの元プロ登山家が開発した商品で、日本では未入荷だった商品を、今回は限定で販売するのだとか。

「魔法のように脚・腰・ひざの痛みを軽減する!」
「世界中のスポーツ選手や専門医による絶大な支持」ということで、
オススメ頂いた方も、ウォーキングや登山の際には欠かせないと言ってました。

現代人は、偏平足の人が多いそうですよ。
偏平足からくる、足の痛み、疲労の軽減、ひざ・背部の痛みの軽減に役立つ!、大人気商品らしいのです。

使い方は足に装着するだけ。
幅広の伸縮バンドで足にしっかりとフィットします。
これだけ?というくらい簡単です。

私は、仕事中、幸いに靴を脱ぐという機会が少ないのです。
なので、仕事中も、EOO+さんの【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】を使っています。
ずーっと社内にいる時は、革靴を脱いで室内履きに変えたりしますが。
社内では、あまり人目を気にしないようにして、痛み軽減を優先しようと思います。

伸縮バンド部分が黒なので、靴やズボンが黒系の場合、少し見えてもあまり気になりませんよ。スニーカーの場合は、完全に隠れるので安心ですね。
女性が、スカート&パンプスの場合、伸縮バンド部分を見て、ちょっと気になるかも知れません。
ベージュなら目立たないかも知れませんが、ちょっと若い方向けの色ではないですからね。
どうせ見えるなら、ピンクとかブルーなど派手で、可愛い感じでもよいかも知れませんね!

私は、イオプラスショップさんの【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】を購入して、靴も足に合う物をしっかり選びました。
たまたまその後、仕事もプライベートも忙しくて、バタバタしていたのですが、ふと気づくと、足の痛みがなくなっていました。

その後も、イオプラスさんの【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】をつけないと、心配になったり、不安になったり、足が物足りなかったり・・・なんて感じになります。今では、すっかり身体の一部になった感じです。

ただし、足のサイズが23センチ以下の方は、ご注意くださいね!
23センチ以下の場合、【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】の伸縮バンドがゆるい場合があるそうです。

私の母も、年々足腰が痛くなってきているようなので、【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】をプレゼントしようと思ったのですが。
母の足のサイズは、22.5センチ。
サイズが合わないかもしれないと不安だったので、私の【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】を試しに着用してもらいました。
やっぱり大きかったのです!
母の場合は、素足やストッキングの上に着用すると伸縮バンドに余裕があり、フィット感がないようですが、靴下の上から着用すると大丈夫なようでした。
母は、スニーカーばかり履くので、靴下の上から【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】を履いて、今では、かなり痛みも軽減されて、毎日快適に過ごしています。

内部に使用されているネオプレン製プロクッション(ショックアブソーバー)が、土踏まずをサポートして、足だけでなく、足から身体全体に伝わる衝撃を和らげてくれるそうです。体のバランスを保ち、ひざや腰、背中への負担を緩和し、快適に歩くことができるそうです。もちろん、長時間の歩行による、かかとや土踏まず、親指の付け根の痛みなどにも有効だそうですよ。

シンプルなバンドなので素足に装着して外出しても大丈夫なので、休日のサンダル履きの時も使えます!

もちろん、男性・女性問わず。
革靴、サンダルの他、スニーカーの時もヒールの時も使えますよ。

各界のスポーツ選手、世界トップレベルの脚の病気の専門医・整形外科医、カイロプラクティクスの施術師など、様々な方が認めた、「土踏まずサポート」が、EOO+SHOPさんの【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】なのです。
【「健康美足プロ」プロクッション土踏まずサポート】の効果を「魔法のようだ」と表現する人までいるそうですよ。

私も足が痛い時は、歩くことさえ苦痛でした。
痛みを感じずに、歩けることが、当たり前の日常ととらえず、日々身体をメンテナンスして、感謝することが必要だと感じています。

以前の私のように、脚・ひざ・腰の痛みやお悩みを抱えている方は、ぜひお試しいただきたいです!

便利なウォーキンググッズアドバイザー M様(寄稿)